ブログトップ

Café Ruhe だより

JUBILEE

d0301016_1624252.jpg
京都 青蓮院の襖。
2月1日 私の誕生日。
気の合う仲間が京都に誘ってくれた。
特別な日は気分も違う。
青蓮院では 梅の花が もう咲きかけていた。

お昼のランチは 誕生日だからと ご馳走になる。漬物の土井の漬物バイキングランチ、漬物の天ぷらは初めて食べた。スマート珈琲の 玉子サンドと 自家製プリン! そして お部屋のような 綺麗なトイレに わざわざ立ち寄り、コッペパンの お店めざして歩くこと20分⁉︎ それ以上歩いたかな、疲れ果て 入ったイノダ珈琲で Iフォンの万歩計を見て 驚く。帰りに 着いてすぐ取り置きしておいた笹寿司を買って帰路へ。あ、錦市場も行った。どこに入る?コッペパンの前。

私には誕生日秘話があって 2月1日は本当に生まれた日ではない。生まれた日は確か1月27日。ひいおじいちゃんが 自分の誕生日を覚えられない子だったら困るというので 変えたらしい。たしかに自分の誕生日、1月27だったか28日だったか…やはり 1日にしてもらって有難い!
記念日は覚えやすいのがいい。人にも覚えてもらえる。

さらに嬉しいことがあった。
ロンドン帰りの子から お土産をもらった。
イギリスの お紅茶。
何種類かあって 私が選んだのは 「JUBILEE」
あとで調べたら 記念祭 という意味らしい。なんとも誕生日にふさわしい紅茶に巡り会えたことに感動‼︎ あ、お紅茶。
その後、英国エリザベス女王 即位65周年 サファイア jubilee を耳にした。
[PR]
# by a1i2u3e4o5k6 | 2017-02-10 09:30

世田谷ライフ その7

d0301016_20575647.jpg
東京に行くと必ず行く場所がある。ちょうど東京農大の正門前にあるパン屋さん。三越馬事公苑店の中にあるロイスダールと言う お店。家から歩いてすぐで イートインできる2人がけの丸テーブルが4つ、季節の良い時は外でも食べれるようだ。そこでのモーニングが 私の お気に入り。とりあえず ひとつパンを買って飲み物を頼む。嬉しいことに先月くらいから¥300のコーヒーが無料、オープンから11時半まで。毎年 今の時期だけサービスがあるみたい。そのうち パンが次から次に焼きあがってくる、焼きたてパンは最高に美味しい。窓の外には大きな木、何ていう木だろう、春になると きっと葉っぱが出てくるだろう、いい感じで蔦が絡まっている。
「ボロ市は行かれました?」声をかけられた。ご主人と おふたりで来られていた隣のテーブルの女性が聞いてきた。あ、ボロ市。そういえば昨日バスの中に ボロ市のポスターがあった。バスの中からも屋台の明かりがわかった。その女性によると 毎年1月15.16日と日にちが決まってるらしい。12月にもあるらしい。古いものから新しいものまで とにかくいろんな お店が出るらしい。外人さんにも人気とか。他にも いろいろと教えてくれた。
d0301016_2272455.jpg
近くに馬事公苑があるのだが そこがオリンピックの馬術の会場になるとか。桜の季節には 水前寺清子が自宅前で 歌ってくれるとか。桜の季節が待ちどおしい。

ひとりでいると 声をかけられることが多い。表参道で 男の人に テレビの仕事に興味はあるかと声をかけられたのは さすがに笑い話しだ。
[PR]
# by a1i2u3e4o5k6 | 2017-01-18 22:12

北海道に行ってきました003.gifd0301016_15481378.jpg
d0301016_160274.jpg
50年ぶりの大雪とやらで新千歳空港はえらいことに。飛行機も前日は欠航続きで大混乱。当日はJR線ストップでバス乗り場が長蛇の列005.gif意を決して タクシーで ツキサップじんぎすかんクラブへGO!! 青空がまぶしい004.gif除雪機出動!♪ジン ジン ジンギスカン 堪能しました011.gif
d0301016_1619551.jpg
次なる目的地は カフェ森彦。
なんとも風情のあるたたずまい、雪の演出ぷらすで016.gif素敵すぎる~
店内は予想以上にアンティークの世界、 ケーキも珈琲も べりーべりーgood!!満足度120%016.gif
雪国の静寂が異次元へといざないます…
d0301016_16305368.jpg
実は この旅行 娘たちのコンサートのため、孫の子守役として行ったのですが、まさかのコンサート中止007.gif
そのお陰で 娘たちと孫といっしょの時間を過ごすことができて 私にとって最高にHappyなクリスマスとなりました041.gif041.gif
まさにホワイトクリスマス024.gif
思わぬクリスマスプレゼントもらいました!

この旅行の企画にご協力いただいた Eさんに感謝です。ありがとう~
[PR]
# by a1i2u3e4o5k6 | 2016-12-26 16:45

心の休日

d0301016_22291321.jpg
久しぶりの休日。緑地公園をぶらり。なんと木の鏡を発見!なんぞや。この鏡に 今の自分はどううつるのだろう、ふと そんなことを思う。半世紀生きた自分を木にたとえるなら どんな木に成長しただろう。幹は太い?細い?まっすぐ天に伸びてる?傾いてる?枝ぶりは?大きく手を広げたよう?それとも… 紅葉真っ盛り?はたまた散りかけ?他の木々と仲良くしてる?
こんなことを考えるきっかけをくれたのは Tさんのブログだ。
「あなたはどうありたいですか」
すごく難しい質問。普段そんなこと考えたこともなかったから、かなり考えた。結果出した私の答えは「優しくありたい」 それから「自分らしくありたい」まだまだある。「ピンチをチャンスに変えたい」「軽くありたい」←体重のことじゃない。「柔らかくありたい」「流れに身をまかせたい」←こんな歌あった。「ひらめきを大事にしたい」「ノリを大事にしたい」
若いころって 人に言われたことを いちいち気にしたりして、何事も真剣で。歳を重ねるごとに 生きるのが楽になった。生きることに慣れてきたのか。忘れっぽくなったからなのか。いい加減になったからか。
Tさんは 好奇心旺盛。社交的。何か良いことがあれば 時々わたしを誘ってくれる。
今回のTさんのブログは 私に心の休日をくれた。
[PR]
# by a1i2u3e4o5k6 | 2016-11-15 22:26

永遠の0

d0301016_018986.jpg
(ユリの木通り)
百田尚樹の「永遠の0」をようやっと読み終えました。実はお正月に たまたまテレビでやっていたのを見て。前編だけを見たので続 が気になって読み始めたというわけで。知らなかったんですが、これは映画にもなっててv6の岡田くんが主役をやって賞も受賞したとか。
テレビでは主役は向井理でした。ドラマのシーンは 向井理演じる宮部が 飛行訓練の教官。なかなか合格点をくれない厳しい教官。それには訳があって、合格すれば戦場へ行き 死が待っているだけ。
「永遠の0」は戦争の話、0とは零戦のこと なのかとわかりました。この話は孫が 戦死した祖父のことを調べていくと言った話。
d0301016_0431512.jpg
実は私の祖父も戦死していて 毎年お盆には他とは違った墓石に お参りしていました。他とは違ったと言うのは 四角い墓石の頭が三角に尖っています。それが戦没者の お墓です。仏壇にも軍服姿の色褪せた おじいちゃんの写真があります。まだ若くて 少し笑みを浮かべた優しそうな人です。お墓に手を合わせるたび、おじいちゃんは戦死したんだとわかっていましたが、今まで戦争のことを知ろうとは思いませんでした。知っているのは、昔 戦争があって多くの人がなくなった、というくらい。
この本のおかげで、戦争の残酷さ、たくさんの人の 計り知れない悲しみと苦しみがあったこと、知ることができました。そして このことは知っておかないといけなかった、そう思います。そして 命の尊さ を思います。
また今年も夏が来ます。新たな気持ちで 祖父のお墓に手を合わせ、永遠の平和を祈りたいと思います。
[PR]
# by a1i2u3e4o5k6 | 2016-05-08 16:52